足の臭い対策で忘れられがちなこと

足の臭いを消す、軽減させると聞くと多くの人は足をこまめに清潔にするとか、靴や靴下のケアをまめに行なうなどといったことを考えます。

しかし、足を清潔に保っても、靴や靴下をこまめにケアしても、足に臭いが消えないことも多いです。

足の臭い対策には足の臭いとは直接関係ないと思われるところにも気を配る必要があるのです。

足の臭い対策で忘れられがちなこと

fdefe8263bd2f57174fbce0663fa6937_s

・足の裏の角質
いくら足回りの垢を落としたり、足用石鹸で殺菌消臭しても、足の裏に雑菌の好物である古い角質がたまっていれば、そこから菌が繁殖して臭いを放ってしまいます。

角質ケア用のグッズを使って足の裏の古い角質を除去することが大切です。このとき、あまり強い力で行なうと皮膚に傷がつき、肌トラブルを起こしたり、臭いの原因菌がさらに増えてしまって臭いがきつくなってしまうことがあります。

やさしい力加減で、肌のターンテーブルに応じて角質を落とすようにしましょう。

・足の爪のケア
爪は臭いとは直接関係ないと思われがちですが、じつは大きなつながりがあります。爪の間には色んな汚れや雑菌がたまります。これを放置しておくと、その菌がどんどん繁殖し、足の臭いとなってしまうことがあるのです。

足の爪を短く切る、足を洗う時は爪の仲間でしっかり洗うようにするといったことで爪の間も清潔にしましょう。

・靴箱のケア
足の臭い対策で一番忘れがちな部分です。普段靴を入れて置く靴箱が臭っていると、その臭いが靴に移ってしまい、靴下を解して足が臭う原因となってしまいます。

靴箱に新聞紙を敷いて、湿らない環境を作る。靴箱用の消臭剤を入れておく、普段履かない靴には新聞紙や炭などを入れて吸湿、防臭するなど、靴箱の手入れも怠らないようにしましょう。